カーナビがあれば日本中を旅できる|選び方

女性

車のコーティング

自家用車

ボディを守る事ができる

ボディコーティングは車の外装に薄い樹脂でコーティングを行うことで、ワックスとは違う特徴を持っています。ワックスよりもボディコーティングが人気になっている理由は、車に艶を出すだけでなく車のボディを傷から守れるからです。車のボディは紫外線や砂などの様々な要因によって、塗装面にダメージが蓄積されます。そのため艶をだすワックスではボディの塗装面が劣化して、細かい傷がつきサビや汚れの原因になります。ボディコーティングを施すことで車のボディを傷から守ることができるため、傷や汚れの付かない車になります。またボディコーティングは車の塗装面を守ることによって、ボディの変色を防ぐ効果もあります。ボディの見た目も長期間に渡って綺麗な状態を維持することができるため、ボディコーティングを行う事によって車の維持する負担が減ります。ボディコーティングは何度でも行う事ができるため、定期的に施工することで、ボディの状態を新車のように維持することが可能です。ボディコーティングは外部からの傷を守るだけでなく、水切れが良いため洗車が楽になります。水洗いをしただけで、ボディコーティングを施してある車は汚れを簡単に落とすことができるため、数分で車の洗車が終わります。そのためワックスやシャンプーで車のメンテナンスを行う必要がなくなり、メンテナンスにかかっていた費用を節約する事ができます。ボディコーティングを定期的に施工してある事で、良い状態で車を維持することができるため、車を手放すときに査定がアップします。